横浜元町ヒストリー

> > English   > > 简体字

横浜元町ショッピングストリート



元町のはじまり

 元町ショッピングストリートの歴史は、安政6年(1859年)の横浜開港当時までさかのぼることができます。即ち、横浜村は日本大通りを境に、日本人商業地区と外国人居留地区へ事業計画が決定され、万延元年(1860年)1月に横浜村の居住民90戸が隣接する本村に強制移転させられ、その年2月に「本村」を「横浜元町」に地名変更したのが元町の始まりです。
元町の居住民の大部分は当初農漁業に従事していましたが、明治7年頃になると、山手居留地に外国人が相当住むようになり、元町通りが山手の住居地と関内の業務地を結ぶ外国人の日常的な通り道になったのに伴って、外国人を対象に商売を始める者が自然発生的に増えていきました。
こうして大正初期には、谷崎潤一郎の小説にあるように「彼ら(西洋人)を相手に商いをする花屋・洋服屋・婦人帽子屋・西洋家具屋・パン屋・カフェ・キュリオシティショップなどが一杯に並んでいる」エキゾチックな街を形成するに至ったのです。まさに元町ショッピングストリートは文明開花とともに誕生したと言えましょう。

NEXT > >


協同組合元町SS会
神奈川県横浜市中区元町1-14 TEL:045-641-1557メールでのお問い合わせはこちらから